自宅でも美味しいパエリアを

スペイン料理のパエリア、これはお店でしか食べられないものと思っていましたが家庭で作れるパエリアの素が
いくつも販売されていることを知り、我が家でも試してみることにしました。
「パエリアの素」で検索すると炊飯器で作れるものやフライパンでつくるもの、いっぱい出てきました。
実は我が家の息子たちにはまだパエリアを体験させていなかったので、いかにもパエリアというものを作りたくフライパンで作るタイプのものをamazonで購入してみました。
購入したのはニップンの「ほめDELI パエリアの素」です。
一袋3~4人前、お米2合用ですので4人家族の我が家では1回当たり2袋を二つのフライパンを使って作ることにamazonではこの商品を3袋セットで販売していましたので1袋余ることになりますが、追加購入して計3回のトラそのあとまた追加で購入、結局5回作ってみました。どうやら我が家では定番料理になりそうです。
<1回目のパエリア>
パッケージに書いてある通りに作ってみる。
要の魚介類は冷凍のミックス、殻付きのムール貝を探し回りましたがどこにも売っていないのでむき身のムール入った魚介ミックスと赤のパプリカを配置して作りました。
私が経験したパエリアで一番記憶に残っているのは国道246沿い、伊勢原の先にあったスペイン料理屋で食べた焦げ目がついたものでした。
その焦げ目がとても美味しかったので、少し焦げ目を作ることを念頭に置きながら火加減を調整しました。
出来上がったパエリアはレストランで出てくるようなレベルで満足できる美味しさだったのですが、食べ終わっあと、家族みな「なんかものたりないなぁ」という感想。
一体何が足りないのか、あんなに美味しくいただいたのに……、と疑問を残していました。

<2回目のパエリア>
1回目に比べて魚介類を増やし、見た目を改善すべくパプリカは赤と黄色、緑が欲しかったのでパッケージに写っていたアスパラガスのスライスを加えました。
やはりおいしくいただいたのですが、1回目と同じく「なんか足りない」

<3回目のパエリア>
1回目と2回目で何が足りなかったのか、二つ考えました。
①生の魚介類から出る旨味のエキス、特に貝のエキス
②塩味
これを補ってどうなるか?
生のムール貝は諦めて活アサリを使います。
塩味、ごくわずかな塩を軽く振りかけるように足します。
更に顆粒コンソメを軽く振りかけてみます。
結果、1回目と2回目に感じた物足りなさがなくなり、食べた後の満足感に浸ることができました。
パエリアの素はそれだけべも十分に美味しかったので、魚介類のエキスや塩味は入っていたのでしょうが、更に
加えたことで自分たちが満足する味になったようです。
……素が控えめになっているのは正解ですね。もし濃い目だったら調整はできなくなるので。

 

<4回目と5回目>
3回目まででようやく納得できるものができたので、次はアレンジにトライします。
4回目は手軽に作れる食材を利用してどれだけ満足できるかの挑戦と、5回目でシーフード以外の食材でトライで4回目:冷凍シーフードミックスと冷凍野菜ミックスだけを使って。

写真は火をつける前までしか撮っておらず、つい出来上がりの写真を撮るのを忘れて食べ始めてしまいました。
写真はありませんが、見栄えはバッチリでした。
ただ、冷凍野菜は殆ど溶けているような食感で、ブロッコリーも歯ごたえがありませんしカリフラワーは姿が見味は悪くはなかったのですが……。
5回目はシーフードからの脱却です。
イメージしたのは鶏もも肉の皮目をしっかり焼いて(焦げ目がつくくらい)それをメインに作ってみる案です。
玉ねぎの薄い櫛切りをバラして添えて、ミニトマトとブロッコリーで見た目の美味しさを演出してみました。

イメージ通り、美味しくできましたが、シーフードではあまり感じなかったニンニクの主張が味と香りに強く出因みに、3回目で改善した顆粒コンソメとほんのわずかな塩を足すことは忘れませんでした。
わざわざパエリア用に食材を買ってこなくても、家にある食材で美味しいパエリアができることがわかり、これもっといろんな食材でトライしてみようと思います。
わざわざ外食しなくても自宅で様々な料理が手軽にできる便利な世の中になりましたね。
でも、やはり外食するレストランには気分が盛り上がる雰囲気があり、自宅でそれはできません。
代わりに自宅でのトライは自分で工夫する楽しみがあります。
どちらがお好みですか?

 

京都の観光地で人気のお土産商品をネットでも!【おちゃのこさいさい】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です